いじめでお困りならすぐにお電話ください。

会社案内アクセス
トップページ > 調査項目 > いじめ調査

いじめとは

いじめ調査 多くの小中学校で問題となっている「いじめ」問題。
いじめの発生数は、20人に1名と言われています。
クラスに1~2名はいじめられている子供がいるということになります。
昔とは異なり、現在ではいじめが原因で「犯罪行為」や「自傷行為・自殺」等の社会問題が発生しております。
いじめを受けている子供の多くには次のような状態が見られ、よく観察していることで早めに察知することが可能です。

・ 衣服の汚れ
・ 所持品の紛失や破損
・ 金銭の紛失や使途不明
・ 原因不明の不登校や腹痛を訴える等

いじめは一般的に集団から個人への攻撃が最も多く行われ、代表事例として次のような内容があります。

・ 無視
・ 仲間はずれ
・ 暴力
・ 物を隠す
・ 物を汚したり、壊す
・ 脅し(脅迫)
・ 金銭の要求(恐喝)
・ 援助交際の強要

いじめを受けている子供は、親や大人にいじめの事実を隠すことが多く、その心理は「心配をかけたくない」「恥ずかしい」等があります。
その為、自然に子供自身から打ち明けられることは、ほぼありません。
親が子供の様子に気を配ることが、いじめ対策の第一歩となります。
いじめる側は、その重大さや残酷さに自覚がなく、加害意識が薄い場合があります。
また、集団心理も伴って、「みんながやっているから問題ない」「仲間はずれにされたくない」という意識から、いじめる側の人数は徐々に増えていく傾向にあります。
以上のことから、いじめは徐々に被害が酷くなる傾向にあり、始めは軽い無視のような状態であったものが、そのうち暴力や恐喝等に発展してしまいます。 また、現在はインターネットの普及により、SNSを使ったいじめも増えてきております。

いじめを放置してはいけません。
しかし隠蔽されることの多いいじめ問題は、各個人での解決は困難であることが現状です。
プロによる調査、証拠を掴むことで、慰謝料請求の訴えも含め、加害者への個別的な接触、話し合いにより根本的な解決を図ることが可能です。
まずはお子さんの異変に気づいたら、抱え込まずに弊社へご相談ください。

最安プラン

期間1ヶ月~ ¥100,000(税別)~
※内容によっては無料でご依頼をお受けする事もございますので、まずはお気軽にご相談ください。

条件

・いじめの内容、おおまかな時期を把握している。
・対象者(特に中心人物)の名前が判明している。

どのような事でもまずはお気軽にご相談ください
お問い合わせ
浮気調査
料金詳細はこちら
よくある質問 お問い合わせ前に一度ご覧下さい
調査員業務日誌
ページの先頭へ